車椅子バスケットボール

車椅子バスケットボールの競技情報
概要 1960年代にパラリンピックの競技が行われ、日本では1960年に紹介されたのが最初であった。選手が車椅子に乗る以外一般のバスケットとほぼ同じルールで行われる。スピードや俊敏生、持久力に加え車椅子の操作する技術などが決めてとなる。
またゲームは10分のピリオドを4回行う。クラス分けについては車椅子駆動、ドリブル、パス、ボールコントロール、シュート、リバウンドなどの動作はもとより、車椅子座位における体幹のバランス能力とボールコントロール範囲に応じて分類される。
関係団体
ホームページ
日本車椅子バスケットボール連盟ホームページ(外部サイトへリンク)
連絡先 TEL. 03-6229-5434
FAX. 03-6229-5420
MAIL. jwbfoffice@jwbf.gr.jp
車椅子バスケットボールの画像